FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)
スポンサー広告

6月の悪魔

 お久しぶりです。

受験勉強を始めていくとこの6月というのはだれてくる時期です。
そうです、受験勉強を始めたころの初心を忘れがちになっちゃうんですよね。

そんなだれてきたときにおすすめの勉強法を紹介します。

簡単に説明すると、3日だけ全力で勉強するということです。

3日坊主という言葉がありますよね?
なにかで聞きましたが、人間の感情というものは不思議なもので2日しかもたないといわれています。
たったの2日です。
ものすごく嬉しいことがあっても2日経過すれば少しは落ち着いてきますよね?
逆にものすごく落ち込むような出来事が あっても2日経過すればマシになってきます。
恋愛でいうところのまず告白しろというアドバイスはこれに基づいているのかも。。。

これと同じで、勉強を頑張ろうという強い気持ちを持っても、2日も経てばその気持ちはなくなりかけてきます。(みんながみんなそうではないかもしれませんが) 
しかし、そこであきらめてしまうようでせっかくの強い気持ちがもったいないです。 
継続して勉強するためには、3日、4日続けて頑張れるかどうかが一つの壁になってきます。

継続して努力するのが苦手な人は、まず3日以上続けることを心がけてみてください。 
そういう意味での「3日」です。



スポンサーサイト

化学勉強法⑤(重要問題集について)

 以前、化学の重要問題集というのを紹介しました。

重要問題集について検索が多かったので今回はそれについてもっと詳しく書きたいと思います。

重要問題集にはA問題とB問題があります。
A問題はなかなかすいすい進み勉強がはかどります。
しかし、B問題はなかなかの粒ぞろいで、難しいです。

とりあえず、A問題ができればいいかなとゆう気持ちで取り組んでください。
でないとあとで、B問題に入ると出来ない問題だらけになってしまい、気持ちが萎えてしまいます。
そうなってしまっては、ある程度までしか伸びないので、とりあえずはA問題を9割理解するようにしましょう。

問題集は完ぺきに理解するのではなく、9割を理解するように取り組むことが大事だと過去の記事で書きました。

参照)問題集の使い方

重要問題集に限ってはとりあえず、A問題を9割理解する。とゆう風にしてください。
でないと、おそらく普通の人は挫折します。

化学の問題集はこの重要問題集だけで大丈夫だと思うので、あまり多くの問題集に手を出さずにこの一冊を極めてください。


A問題が9割理解できるようになればB問題もある程度解けるようになっているので、ガンガン解いて理解していきましょう。

物理勉強法④(矢印・図の重要さ)

物理の勉強法で、飛躍的に学力が上がる方法を紹介します。

みなさんは、物理の問題で図を書いて、力の方向を表す矢印を書いていますか?

物理が苦手な人に限ってこの図と矢印をめんどくさがって書こうとしません。

物理はすべての問題において、図を書くことをおすすめします。
むしろ、絶対書いてください。
センターの問題でも、二次の問題でもです。

力学で図・矢印を書くのは当たり前として、波でもどのような波なのか、電磁気でも回路図、熱力学も気球など、すべての問題に図と矢印を書くことは物理が得意になるための必須条件です。

ここで大事なことは、シンプルかつ分かりやすく書くことです。
問題文に図が載っている場合でも、自分で書き直した方が解きやすくなります。

ここで、反発を食らうのですが、時間がかかるということです。

しかし、図や矢印を書くことで時間が足りないというのなら、解き方が悪いのです。
物理では、図や矢印を書くことで時間が足りないような問題は出ません。
また、図や矢印を書くことによってミスや勘違いをなくせ、得点も上がります。

どんな簡単な問題でも図や矢印を書くようにしましょう!!


| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。