FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)
スポンサー広告

京大化学対策

今回は京大化学について書きたいと思います。

京大化学は理論が2題、有機が2題の構成です。
そこで、確実に得点を挙げたい分野が有機の2題です。
ここを8割取れるかどうかで、京大理科がずいぶん楽になります。

京大の有機分野は化学Ⅰの範囲が大問3、化学Ⅱの範囲が大問4にあります。
大問3ではだいたい構造決定の問題がでます。
大問3はできれば満点を狙いたい分野です。なぜなら、構造決定の問題は得点がしやすく、また、難しくしようと思ってもできない場合が多いです。
この対策は簡単です。過去問の構造決定問題をできるだけ多く解くことが一番の対策になります。
また、他の大学の構造決定問題もできるだけ多く解くと京大だろうが、東大だろうが、どこの大学の構造決定問題でもすらすら解けるようになります。
構造決定問題はある程度覚えてしまえば、パターンが見えてきます。そのパターンが見えてきたら、もう構造決定問題でも歯が立たないということはなくなると思います。

有機分野で大事なのは、化学Ⅱの有機分野です。
高分子化合物の範囲はまず、腹をくくって暗記するべきことを暗記してしまいましょう。
現役生は特にこの範囲が苦手です。
しかし、暗記すべきことをしてしまってからは、化学Ⅰで身に付けたことが生きるので、そこからは早いです。

有機の分野はどんなに化学が不得意という人でも、満点が取れる範囲です。
有機だけは落としてはいけない分野だと思い、しっかりと対策するべきです。


京大の理論分野は、頻出分野としては、結晶構造、化学平衡など、特に化学Ⅱの範囲が頻出分野です。
しかし、化学Ⅱの範囲が頻出だからといって、化学Ⅰをおろそかにしてしまってはいけません。
なぜなら、化学Ⅰのモルの概念や、基本となることは化学Ⅰがメインだからです。
基本となることがしっかりしていれば、京大の化学Ⅱの範囲だろうと、解けます。
まずは、過去問を見てみて、自分がどれくらい解けないか自覚してみてください。

解けないなりにも、対策は打てるので、まずは過去問を解いてみることが一番の対策になります。
本番では有機で8割とれているなら、理論は5割でいいと割り切って、対策しましょう。
スポンサーサイト

阪大化学対策

今回は阪大化学の対策について書きたいと思います。

阪大化学は大体1,2番が理論分野。3,4番が有機分野となっています。
理論分野はなかなか手強い問題が出ます。
なので、試験が始まったら有機の3,4番から取り組む方法がベストです。
なぜなら、有機は時間をかけて異性体や構造決定をしていくと解ける問題が多いからです。
有機分野は満点を取るつもりで勉強しましょう。
これは阪大だけでなく、ほとんどの大学共通です。
特に構造決定問題は死ぬ気で勉強しないと、かなり点差がついてしまいます。

阪大化学は有機の3,4番を取ることが合格の必須条件といっても過言ではないほど落としてはいけない範囲です。
ここで点が取れないと苦しい戦いになります。

たまに、化学2の高分子の分野も出ることがあるので、有機は化学1,2どちらも対策しておく必要があります。

1,2番の理論分野は無機がすこし出ますが、だいたい理論分野の計算です。
とくに、論述問題は毎年出ているので、解き方を理解しなければ解けません。
この1,2番はなかなか手強い問題が多いです。
特に化学2の理論分野が頻出です。
おそらくみなさんが苦手な範囲です。笑
私も苦手でした。
もうほんとに苦手で手も足も出ないといった状況でしたら、この範囲は捨てて残りの時間を物理や生物に当てる作戦もありますが、それはあまりおすすめしません。
なぜなら、まったく手が出ない問題というのは出ないからです。
完投するのは難しいでしょうが、半分くらいまでなら標準問題なので、重要問題集で訓練すれば大丈夫です。
諦めないで対策しましょう。

阪大化学は有機で満点をとり、理論は半分の気持ちで取り組むのがベストな作戦だと思います。

化学勉強法⑤(重要問題集について)

 以前、化学の重要問題集というのを紹介しました。

重要問題集について検索が多かったので今回はそれについてもっと詳しく書きたいと思います。

重要問題集にはA問題とB問題があります。
A問題はなかなかすいすい進み勉強がはかどります。
しかし、B問題はなかなかの粒ぞろいで、難しいです。

とりあえず、A問題ができればいいかなとゆう気持ちで取り組んでください。
でないとあとで、B問題に入ると出来ない問題だらけになってしまい、気持ちが萎えてしまいます。
そうなってしまっては、ある程度までしか伸びないので、とりあえずはA問題を9割理解するようにしましょう。

問題集は完ぺきに理解するのではなく、9割を理解するように取り組むことが大事だと過去の記事で書きました。

参照)問題集の使い方

重要問題集に限ってはとりあえず、A問題を9割理解する。とゆう風にしてください。
でないと、おそらく普通の人は挫折します。

化学の問題集はこの重要問題集だけで大丈夫だと思うので、あまり多くの問題集に手を出さずにこの一冊を極めてください。


A問題が9割理解できるようになればB問題もある程度解けるようになっているので、ガンガン解いて理解していきましょう。


| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。