FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)
スポンサー広告

受験生は目が疲れる

受験生は目が疲れます。

わたしも受験時代は目を酷使して、とても視力が落ちました。
今は、パソコン関係が専門なので、もっと酷使していますが…

後遺症が出るかもしれませんが、最近レーシック手術もしてきました。

それぐらい悪くなるものです。

そこで、目の疲れには何がいいか調べてみました。

まず、体の内からは、ブルーベリーが有名です。
わたしは浪人時代スーパーでバイトをしていたのですが(オークワというところでした。笑)
スーパーによく来る常連のおばちゃんに浪人してます。とちょっと話したことがありました。

そしたら、あんたがんばりやってブルーベリーのあめちゃんをくれました。
当時は、なぜブルーベリー??って思ったのですが、あのおばちゃんは僕の目の疲れを心配してくれていたのですね。笑
調べてみて、なるほどって思いました。

また、外からだと、最近あつくなってきましたよね。
そんなときに、僕は最近ハンカチを濡らして凍らしているのですが、それで顔を拭くととてもさっぱりします。
そりゃもう生まれ変わったのかというほどさっぱりしますよ。笑

目の上においておくのもいいらしいですね。
もう、おっさんになってきた証拠かもしれませんが…笑


目は一生物なので、大切に使わないと後悔します。

わたしもいつレーシックの後遺症が出るかひやひやして生活してます。笑
スポンサーサイト

受験に万が一失敗した場合の選択

今回は受験に失敗ないし予備校選択について書きたいと思います。

もし万が一大学受験に失敗したときの選択肢について書きます。
大学受験に失敗し、浪人するといった選択をするとき、
まず、自宅で浪人するといった選択があります。
メリットを挙げると、お金がかからないぐらいでしょうか。
再び失敗する確立が高いのであまりオススメできません。

次に予備校で浪人するといった選択でのメリットは、
まず、授業があるので一定のペースで勉強ができる。
自習室が使えるはずなので、だれにも邪魔されずに勉強できる。
また、友達と励まし合ってモチベーションが上がります。

私は受験に失敗した場合は、確実に予備校に通うのが最良と思います。
そこで、予備校選択ですが、大手では河合、駿台、代ゼミがあります。
それぞれの特徴をあげると、河合は文系に強く、駿台は理系に強く、
代ゼミは、あまり評判がよくありません。
しかし、スカラシップが取りやすく、学費を安く抑えることができます。

私は代ゼミを選択しました。なぜなら、お金をかけないことに重きをおいたからです。
代ゼミのまわしものではないのですが、一年間通って代ゼミの悪いところはあまり
ないように思います。

要は、自分が勉強するかしないかが一番重要です。
受験で失敗した原因は勉強しなかったからです。
もう失敗したくなかったら自分が勉強するしかないのです。

そして、最後に希望する大学に入れず、滑り止めの大学で仮面浪人するといった選択肢があります。
私はこれは絶対に反対です。
絶対に再び失敗します。
なぜなら、お金はかかるし、大学の勉強をしながら大学受験の勉強をするといったことは、ほぼ不可能です。絶対にやめましょう!

現役で受かることが一番いいのですが、もし受験に失敗した場合はこの記事を思い出してくれたら幸いです。

受験の心構え

今回は大学受験に対する心構えを書きたいと思います。
なぜ、心構えについて書こうと思ったかというと、私の受験生時代の心構えが甘かったからです。
大学入試にはそれなりの心構えが必要です。

受験は……怖いです。
それなりの心構えが絶対に必要です!!
受験生の12月や1月はほんとに不安でいっぱいになり、押しつぶされそうになりますがある心構えがあると不安が消えます。
大学なんて人生の通過点であって、どの大学へ行っても大差ないなんていう人がいますが、そんなことを言われてもなにも経験していないわたしたちには響きません。

受験生には受験しか見えないのです。

このプレッシャーに打ち勝つには、勉強するしかないのです。
どんなに勉強しても、プレッシャーを感じます。
不安は消えませんが、勉強している最中はプレッシャーを感じないものです。

一心不乱に勉強しましょう。

それが受験に対する心構えの一つです。
結果は付いてきます。
やらなければやられるのです。ぼくは一度やられました。現役時代に一度やられました。
とてもくやしかったです。
泣きました。
受験に対する心構えが甘かったのです。
このブログを読むひとにはこんな苦い思いをしてほしくない。
たかが受験ですが、されど受験。
まわりからはよくやった、がんばったといわれますが、それがなおつらい。

若干脱線しましたが、受験の心構えは、わたしから言えるのは一心不乱に勉強するんだ!
ということです。
一般的ですが、受験を経験してきた私から言える心構えはやっぱりこれに落ち着きます。

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。