スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)
スポンサー広告

国語勉強法④(古文学習法)

今回の国語勉強法では、古文の学習方法を書きたいと思います。
国語で点数が取れない人は古文が苦手な人は多いと思います。
たしかに古文はとっつきにくいです。しかし、英語を学習するのであれば、古文を学習するのも同じです。
何がいいたいかというと、古文はもはや私たちにとって外国語として扱い、腹を据えて学習しなければ読むことはできないということです。幸い、英作文はあっても古作文がある大学はありません。(あるかもしれませんが、わたしは見たことがありません)

英語より簡単な古文を学習しないということは国語で点数が取れないのは当たり前です。

まず、古文で点数を取るためには重要古文単語を覚えてしまうことです。古文単語は市販の古文単語帳ならどれも大差ありません。私は高校のときの学校教材を使用していました。
しかし、重要なのは例文が載っている古文単語帳を使用することです。古文単語は例文ごと覚えてしまいましょう。古文単語帳を一冊例文ごと覚えてしまえば、文法をしらずとも古文がある程度読めるようになります。

次は文法を学習するべきなのですが、理系の人ならば、もうセンター試験過去問研究 国語 を解くだけでいいと思います。注意することは

センター古文過去問を20弱で解く→答え合わせをする→解答の訳を見ながら問題文を読む。

これだけでセンター古文で8割(文法問題以外)は取れます。
特に解答の訳を見ながら問題文を読む。が大事です。読みながら訳がわかるようになるまで読み込みましょう!

文系の人も同じです。志望する大学の過去問の訳を覚えるぐらいまで読み込むことが大事です。読めるようになればあとは記述だけです。
LINK
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。