スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)
スポンサー広告

京大理系数学対策

京大の数学は言ってしまうと、日本の大学で一番難しいといっても過言ではありません。
どこがそこまで難しくしているかというと、京大数学は小問がない問題が多いです。
どういうことかというと、例えば、

(1)△を示しなさい
(2)(1)を使って□を示しなさい

といった出題が少ないということです。
京大はいきなり、□を示しなさいという問題が多いということです。

最近の問題は小問がついている問題も見かけますが、昔からの傾向としてはやはり、小問が少ないです。

では、どうしたらいいかというと、まず、パッと見解ける問題と解けない問題とに分けることが大事です。
京大の合格最低点を知っていますか?

大体6割取れれば余裕で合格します。

京大数学は6問あるので、2完と残りは部分点で届く点数です。
6問のうち2問は必ず解ける問題が入っているので、それを見抜く訓練が一番大事になってきます。

試験時間は150分で長いように思いますが、1問に1時間かけてしまっていたなんてことはざらです。
まず、試験が始まったら解ける問題と部分点が取れる問題と手も足も出ない問題に分けて、まず解ける問題を速攻で終わらしましょう。
一番時間をかけるべき問題は部分点が取れる問題なので、その問題に全神経をかけて挑みましょう。

頻出分野としては、整数、確率、図形、微分積分です。

しかし、京大となってくると頻出分野というよりは分野が複合して出てくる問題が多いので、過去問を解くことが一番の対策になります。
たまにすごく簡単な年が混ざっていますが、その年は例外として、日本で一番数学が難しい大学だと挑んで解くのがいいと思います。
スポンサーサイト

阪大文系数学対策

今回は阪大の文系対策について書きたいと思います。

阪大文系の数学は理系の人からすると、おそらく満点が取れる内容だと思います。
わたしは、結構簡単なイメージがあるのですが、みなさんはどうでしょうか。

文系の人は数学が阪大の合否の決め手になるのではないかと、ひそかに思っています。
なので、文系だからといって数学に手を抜いてしまうと、危ないです。
経済の友達が言ってましたが、文系は英語、国語はある程度差がつかない戦いになるので、数学で勝負するのが一番だそうです。

文系の問題はあまり見たことがありませんが、融合問題が強い印象を受けました。
融合問題といっても、一つ一つ分解していけば、パターンの組み合わせなので、全分野の標準的な問題を理解しておくことが一番の対策になります。

あとは、文系では珍しいですが、整数分野も出ます。
こう考えると厳しいですね。笑
しかし、文系の人は数学が決め手になるので、対策しておく必要があると思います。
前回紹介した、1対1対応の数学1に整数分野が収録されているので、やはりそちらをおすすめします。

また、計算力もまあまあ必要です。
過去問や普段の勉強であとは計算だけやからパスということはせず、手を抜かずに計算しましょう。
計算力というのは普段からやらないと身につきません。

阪大文系数学は取れる人はほんとに満点を取ってくるので、差をつける側に回るつもりで勉強したほうがいいと思います。

阪大理系数学対策

今回は数学(理系編)の阪大対策について書きたいと思います。

理系の阪大数学は数学3の分野が非常に良く出ます。
例年2、3問は出るのではないでしょうか。
数学3の中でも、特に出るのが、微分積分ですが、極限もまあまあ出ます。
なので、数学3を徹底的に対策するのは当たり前で、また、この分野は典型パターンができてしまえばある程度点数が取れてしまいます。
阪大の数学で合格点を取るなら、この数学3の分野で2完は欲しいところです。

もう一つの出題傾向としては、阪大は京大に次いで整数分野が良く出ます。
整数分野の対策はなかなか大変ですが、私は過去問と、1対1対応という問題集の整数分野が収録されている数学1をやりました。



なかなか、歯ごたえのある問題ばかりですが、ある程度対策できます。
しかし、整数分野というのは考えたらすぐ解ける問題か、粘っても論証が難しく、ほとんどの受験生が解けない問題とに分かれると思います。
ある程度の見極めが必要なので、阪大に受かるなら、整数分野はそこまでこだわらずに、数学3の対策に費やした方が賢いと思います。

他の頻出分野は、確率とベクトル、数学Cです。
特に現役生は数学Cの分野が手薄になりがちなので、ここはしっかり演習をしておかなければなりません。
数学Cの二次曲線、行列は対策すればだれでも解ける分野ですので、手薄になりがちなところほどしっかり対策しておけなければなりません。

また、書き忘れてましたが、阪大の数学3の微分積分はけっこうハードな計算量になります。
物理でも書きましたが、計算力が大切です。

まとめると、阪大は数学3、C、整数、確率、ベクトル
この分野の対策をしっかりやり、過去問に挑んでみてください。

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。