FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)
スポンサー広告

阪大文系数学対策

今回は阪大の文系対策について書きたいと思います。

阪大文系の数学は理系の人からすると、おそらく満点が取れる内容だと思います。
わたしは、結構簡単なイメージがあるのですが、みなさんはどうでしょうか。

文系の人は数学が阪大の合否の決め手になるのではないかと、ひそかに思っています。
なので、文系だからといって数学に手を抜いてしまうと、危ないです。
経済の友達が言ってましたが、文系は英語、国語はある程度差がつかない戦いになるので、数学で勝負するのが一番だそうです。

文系の問題はあまり見たことがありませんが、融合問題が強い印象を受けました。
融合問題といっても、一つ一つ分解していけば、パターンの組み合わせなので、全分野の標準的な問題を理解しておくことが一番の対策になります。

あとは、文系では珍しいですが、整数分野も出ます。
こう考えると厳しいですね。笑
しかし、文系の人は数学が決め手になるので、対策しておく必要があると思います。
前回紹介した、1対1対応の数学1に整数分野が収録されているので、やはりそちらをおすすめします。

また、計算力もまあまあ必要です。
過去問や普段の勉強であとは計算だけやからパスということはせず、手を抜かずに計算しましょう。
計算力というのは普段からやらないと身につきません。

阪大文系数学は取れる人はほんとに満点を取ってくるので、差をつける側に回るつもりで勉強したほうがいいと思います。
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。