スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)
スポンサー広告

睡眠時間との付き合い方

みなさん、睡眠時間はちゃんと取れていますか?

今回は睡眠時間についてすこし書きたいと思います。

まず、結論から言ってしまうと、睡眠時間を6~8時間は取りましょうということです。

最近は睡眠時間を削ってまで勉強しようとゆう人はいませんが、それでも睡眠時間が取れてない人が多いように感じます。

そんな私も、平均4時間ぐらいですが…

受験関係で睡眠時間について述べると、特に暗記物で影響が出ます。
どういうことかというと、暗記物は睡眠を取らないと暗記できないということです。

結構有名な話ですが、暗記と睡眠は脳科学の観点から実証されているようで(わたしはあまり詳しいことは知らない。笑)、暗記したいものがあれば寝る前に暗記して、寝る。そして、朝起きて夜見ていた暗記物を見直す。

これが、暗記をするのに最高の形だそうです。

わたしもTOEICや院試での暗記物にこれをためしてみようかな。

スポンサーサイト

暗記の仕方

今回はわたしが受験生だったときの暗記の仕方について書きたいと思います。

わたしは暗記が苦手です。
というよりも嫌いです。

特に英単語や古文単語の暗記がとても嫌いです。

暗記が嫌いになってしまうと、勉強も嫌いになってしまいます。

しかし、受験勉強を行う上で暗記作業は避けては通れない作業です。
なぜなら、勉強とはまず暗記から入るからです。

腹くくって暗記しましょう。

しかし、ただ暗記してもいやいやなのですぐに忘れてしまします。
なので、理解しながら暗記しましょう。

よく聞く理解しながら暗記するというのがあります。
記憶がつながりやすくなるから暗記作業が楽である。
と聞きます。


確かに理解しながら暗記することは大事です。

しかし、それが英単語や古文単語なら理解しながら暗記できますか?

まず、英単語の理解ってなんですか?

わたしが受験生時代に思い至った疑問でした。


なので、わたしは英単語は単語帳を使わず英文の中で覚えていきました。

とくに、威力を発したのが念仏のようにごにょごにょ声を出して暗記する方法がベストでしたね。


結論をいってしまうと、

暗記物は声を出して覚える

というのが、今回一番伝えたかったことです。


声を出しながら暗記するのが一番覚えることができました。
みなさんも試してみてください。

数学勉強法②(まず暗記)

センター試験は国立大学を受ける人は全員受けます。
私立を受ける人もセンター利用を使って合格することができます。
しかし、だからといって数学に限ってはセンター対策は不要だと私は思います。
2次試験を視野に入れた勉強をしていたら、気付いたらセンター数学は出来るようになっています。
これは私の体験やまわりの大学の友人に聞いてみたら確実にそうです。
センター模試やセンター試験の過去問を5年分くらい解いて傾向と時間を確認すれば数学は大丈夫です。

なぜセンター数学の対策が不要か説明します。
これが数学の学習法といっても過言ではありません。

まず、数学は解き方を暗記します。これは前回説明しました。
この過程でセンター数学は時間をかければ解けるようになっています。
センター数学は暗記だけで乗りきれるからです。
まず、解き方を暗記するのですが、高校1、2年生なら今授業で習っているところがあると思います。
その中間テスト期末テストで満点を狙って勉強(暗記)してください。
教科書の例題をまず暗記してしまいましょう。

高校3年生や浪人生はもうIAⅡBの範囲が終わり理系ならⅢC、文系なら数学に力をあまり入れない時期です。
そんなときに教科書の例題を解き直して暗記している時間はないと思います。そこで、有名なチャート式 基礎からの数学1+A 改訂版 を使用します。正直全範囲を網羅している問題集なら暗記に使えるのでなんでもいいです。

LINK
次回は数学の問題集の暗記の仕方を説明します。
まず、暗記なのですが、暗記が大事だといっても正しい暗記と悪い暗記があるので…

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。