FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)
スポンサー広告

京大物理対策

今回は京大物理の対策について書きたいと思います。

まず、京大は生物か物理かの選択に迷ったら、迷わず物理を取ることをお勧めします。なぜなら、京大の生物は難しい問題が多く、点数を取るにはなかなか至難です。
しかし、物理のほうは基本さえできていれば、解ける問題が多く、得点源にできる科目だと思います。

京大の物理は長文の穴埋め形式になっていて、最初の方の問題でつまづいてしまうと、そこから雪崩方式で間違っていく恐れがあります。

自分では完答したつもりでも、最初の問題で計算ミスをしてしまって、その大問すべてがパーということも少なくありません。
なので、最初の問題は必ず取らなければならない問題です。
最初の問題だけは、問題文からの束縛条件を何度も何度も見直しをする価値があります。

出題分野は、力学1題、電磁気1題、波か熱力学か原子分野で1題です。
しかし、最近は熱力学の出題が多いです。
かといって、波をノータッチにするのは危険なので、どの分野が出ても解けるように対策をしなければなりません。

また、微分方程式を使った解法がままあるが(青本に多い)、微分方程式を使わなくてもちゃんと解けるレベルの問題しか出ないので、微分方程式はさわりでけ知っておく程度でいいと思います。

頻出分野は、力学では単振動や円運動、運動量と力積。物理Ⅱの範囲の出題が多いです。
電磁気では電磁誘導、電気回路、サイクロトロン(電場・磁場における荷電粒子のふるまい)。
熱力学は熱力学第一法則を取り扱った問題、熱サイクル、気体分子運動論などです。


京大物理の対策は25年分の過去問があると思いますが、それを解くことが何より対策になると思います。
なぜなら、長文形式の穴埋めはある程度流れがあり、それはやはり過去問から感じ取るのが一番です。

答え合わせをするときは、基本からしっかり理解しているかを自分の中で確認しながらしていくのもいいと思います。
京大物理は定義の理解から初めてしまえば、すんなり解けることもままあります。

京大物理は得点源にするべき範囲なので、しっかり対策をして、できれば60分以内におわらし、化学につなげたいです。
スポンサーサイト

阪大物理対策

今回は物理での阪大対策を考えたいと思います。

まあ、物理はどこの大学の問題も大差ないのですが、それでもやはり傾向があります。

阪大の物理は最近難化の傾向があるので、しっかりとした対策が必要になってきます。
とくに、基礎的な問題が理解できてないと厳しいと思います。
ただ、去年の問題は簡単だったようですが…

問題の構成としては、3問で、第一問が力学、第二問が電磁気、第三問がだいたい熱力学が基本となっています。
阪大は熱力学が大好きです。笑
ただ、現役生の人は、熱力学が手薄になりがちなので、第三問の熱力学を徹底的に対策しなくてはなりません。
この熱力学は基礎的な問題を対策すれば点が取れる分野なので、ここで点を稼ぎましょう。
逆にここで点が取れないと阪大は難しいです。

力学の問題は、2物体の現象が多い印象を受けます。
特に衝突系が多いと思います。
力学での衝突系の問題はだいたい最後の式がきたなくなりがちです。
それは、計算量がかなりあり、正確に計算しなければならないからです。
阪大の力学はしっかりとした計算力が必要になってきます。
式まで立てて終わりというような勉強では、最後で点を失ってしまう可能性があるので、問題を解くときも、最後まで計算するようにしましょう。
式が立てれたのに最後で計算ミスして点を失うことほどもったいないことはありません。

電磁気では、定義がわかっているかどうかの問題が出ます。
定義さえわかっていたら解ける問題が多いので、定義をまずしっかりと理解しましょう。
だいたい、穴埋め式の問題が多いので、答えを正しく出す計算力も必要です。

阪大の物理はなかなか難しいです。
ただ、7割ぐらいならだれでも取れるようになるので、しっかり対策していどみましょう。

物理勉強法④(矢印・図の重要さ)

物理の勉強法で、飛躍的に学力が上がる方法を紹介します。

みなさんは、物理の問題で図を書いて、力の方向を表す矢印を書いていますか?

物理が苦手な人に限ってこの図と矢印をめんどくさがって書こうとしません。

物理はすべての問題において、図を書くことをおすすめします。
むしろ、絶対書いてください。
センターの問題でも、二次の問題でもです。

力学で図・矢印を書くのは当たり前として、波でもどのような波なのか、電磁気でも回路図、熱力学も気球など、すべての問題に図と矢印を書くことは物理が得意になるための必須条件です。

ここで大事なことは、シンプルかつ分かりやすく書くことです。
問題文に図が載っている場合でも、自分で書き直した方が解きやすくなります。

ここで、反発を食らうのですが、時間がかかるということです。

しかし、図や矢印を書くことで時間が足りないというのなら、解き方が悪いのです。
物理では、図や矢印を書くことで時間が足りないような問題は出ません。
また、図や矢印を書くことによってミスや勘違いをなくせ、得点も上がります。

どんな簡単な問題でも図や矢印を書くようにしましょう!!


| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。