FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)
スポンサー広告

化学勉強法①(理論分野の理解が先決)

今回は化学の勉強法について書きたいと思います。

化学では理論、無機、有機があります。
無機は暗記でと割り切らなければなりませんが、理論と有機はある程度の暗記ができてしまえば、あとは考えて解く分野です。
化学が不得意な人はそこのところを勘違いしていると思います。
理論も有機も無機も全部暗記で乗り切ろうとすると、どこかで絶対に壁にぶつかります。そこの考えからなくしましょう。

化学で得意・不得意が決まるのは、一番初めの理論分野でのモルの概念から理解できかどうかだと思います。
高校入ってすぐ、モルの概念をたいていの人は習うと思いますが、そこでつまずいてしまって最後の受験までつまっている人がいます。
それでは、やはり不得意になってもしかたありません。数学でいうところの因子分解でつまずいている状態とほとんど同じです。
そりゃ、解けません 笑

まず、理論分野のⅠを全力で取り組みましょう。他の分野はこの理論Ⅰの分野ができてしまえばすぐです。化学は最初の基礎が理解できていたら、考えたら解けますが、理解できずのままだと暗記で乗り切らなければなりません。
化学のハードルがいっきに上がってしまうので、化学Ⅰの理論分野を得意にできるかどうかが化学のカギです。

化学超初心者だと思う人は、物理でもお世話になったはじめからていねいにシリーズがよろしいかと思います。なんといっても理解しやすい内容になっているので、理解があいまいな人はこれでまず学習してみてください。
岡野の化学をはじめからていねいに の理論分野をまずは読むことからはじめて、問題はすべて覚えてしまうぐらい解く。
化学Ⅰの理論分野ぐらいなら1カ月ぐらいで終わると思います。

続きは次の回で書きたいと思います。
LINK
関連記事


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。