FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)
スポンサー広告

京大理系数学対策

京大の数学は言ってしまうと、日本の大学で一番難しいといっても過言ではありません。
どこがそこまで難しくしているかというと、京大数学は小問がない問題が多いです。
どういうことかというと、例えば、

(1)△を示しなさい
(2)(1)を使って□を示しなさい

といった出題が少ないということです。
京大はいきなり、□を示しなさいという問題が多いということです。

最近の問題は小問がついている問題も見かけますが、昔からの傾向としてはやはり、小問が少ないです。

では、どうしたらいいかというと、まず、パッと見解ける問題と解けない問題とに分けることが大事です。
京大の合格最低点を知っていますか?

大体6割取れれば余裕で合格します。

京大数学は6問あるので、2完と残りは部分点で届く点数です。
6問のうち2問は必ず解ける問題が入っているので、それを見抜く訓練が一番大事になってきます。

試験時間は150分で長いように思いますが、1問に1時間かけてしまっていたなんてことはざらです。
まず、試験が始まったら解ける問題と部分点が取れる問題と手も足も出ない問題に分けて、まず解ける問題を速攻で終わらしましょう。
一番時間をかけるべき問題は部分点が取れる問題なので、その問題に全神経をかけて挑みましょう。

頻出分野としては、整数、確率、図形、微分積分です。

しかし、京大となってくると頻出分野というよりは分野が複合して出てくる問題が多いので、過去問を解くことが一番の対策になります。
たまにすごく簡単な年が混ざっていますが、その年は例外として、日本で一番数学が難しい大学だと挑んで解くのがいいと思います。
関連記事


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。