FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)
スポンサー広告

京大理科対策

 今回は京大の理科の対策について書きたいと思います。

京大理科は2科目3時間の戦いです。
例えば、物理化学選択で3時間、生物化学選択で3時間ということです。

そこで大事なのは、数学でも書きましたが時間配分です。
私が京大対策をしていたときは(実際は阪大を受験しましたが…)物理→化学の順番で解いていました。
なぜなら、物理のほうが若干得意で速く解け、なおかつ私の得点源だったから物理を先に解いてしまう方が結果的に全体の点数アップにつながったからです。
3時間という試験時間は相当長いです。
1科目終わらすと、人間ですので必ず集中力が途切れます。
3時間ずっと集中していることは不可能ではないかもしれませんが、わたしは不可能でした。
ですので、一番集中している時間に得意科目を解くことが点数を挙げるためのポイントだと思います。

また、それは科目ごとではなくてもいい話です。
例えば、物理の力学と化学の有機分野が得意だとします。
そうすると、まず、力学範囲だけ解いて、物理全体は見ずに、化学の有機分野を解くといった作戦もあると思います。

先に書いておくと、京大の物理の熱力学と化学の有機分野は必ず解けなくてはいけない範囲なのでそこは得意にしておくべきです。

最後に、京大の理科は理系なら得点源にするべきところです。
特に浪人生なら、現役生と差を付けるなら理科です。
理科を得点できれば、合格に近づくと思います。
関連記事


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。