FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)
スポンサー広告

計画を立てよう

 今回は大学受験を乗り切るための計画の立て方について書きたいと思います。

大学受験を乗り切るためには勉強計画を立てることが大切です。

特に長期の計画、中期の計画、短期の計画が必要だと思います。

長期の計画とは、例えば4~7月は基礎中心、8~11月は応用問題、12月~本番までは過去問対策

といった大まかな計画です。

中期の計画とは、長期の計画で立てた内容からどういった事をやるのかという計画です。

基礎中心の勉強を長期の計画で立てたなら、教科書や学校で指定されている参考書などを徹底的に勉強するなどです。
応用問題では独自の参考書や問題集をやり、過去問対策では希望している大学の過去問やその頻出問題の対策をするなどです。

そして、短期の計画では中期の計画から週単位で区分けして順調に計画を遂行していくことで学力を伸ばすことです。

こういった計画をこの4月に立てておくことは受験を円滑にまた、ストレスをためずに勉強していくのに必要です。

まずは、受験生という自覚をもって受験をのりきりましょう。

受験が終わって


この時期は受験が終わって、受かった人もくしくも落ちた人もお疲れ様でした。


志望校に合格した人、おめでとうございます。

志望校に落ち浪人が決定した人、今どん底でしょう。


私はどちらも経験しました。

志望校に合格した人は、これからの大学生活が楽しみでしょうがないと思います。
しかし、大学に行くことがすべてではありません。

これからも勉強です。

それを踏まえて大学生活をエンジョイしてください。
そして、今だけは大学に受かったことを素直に喜び、羽目外すくらい遊んでもいいと思います。


また、浪人が決定した人もいるでしょう。
その人はおそらく今は全く勉強に手が付かないでしょう。

それでいいと思います。
落ちた人も今だけはめちゃめちゃ遊べばいいんです。
1年頑張った自分を少しはほめてあげてください。

落ちた悔しさを忘れなければ来年必ず受かります。

その悔しさだけは忘れないでください。


それぞれこの1年、思うところがあるでしょうが、受験生のみなさんほんとにお疲れ様でした。



私事ですが…

お久しぶりです。

私事ですが、やっと卒論を提出できました。
おそらく卒業できます。笑

理系の大学は、卒論を提出しまた発表を行って大学を卒業できます。

最近ほんとに忙しかった!!

また、記事を更新していこうと思うので本サイトをよろしくお願いします。


<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。